kojack-ferrariのクルマ道

~クルマをこよなく愛する人へ~                      ※ 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

【イベントレポート】祝!F355生誕30周年 ~富士を望む地に集えし跳ね馬~

f:id:kojack-ferrari:20220315085612j:plain
⚠当ブログはアフィリエイト広告を利用しています
今回は、F355ミーティングのハナシです。

生誕30周年

クルマ特化型SNSみんカラ(みんなのカーライフ)で仲良くお付き合いさせていただいている静岡のSさんが主催するF355オフ会は、毎年趣向を凝らしたイベントで参加者全員が楽しめる素晴らしい企画です。

そのSさんからLINEが届いたのは昨年秋頃だったでしょうか。
「来年はフェラーリ・F355生誕30周年だから盛大なミーティングをやりますから是非参加してください!」
「もちろん参加させていただきます。楽しみにしております。」

そんなやりとりをしてからはや半年。
記念すべき「F355生誕30周年記念ミーティング」が5月19日に静岡県富士宮市にて開催されました。

怪しい曇り空

前日までの天気予報では午後遅くなってから小雨がパラつくような感じだったのに、朝起きると横浜も曇り空。
西から崩れる予報だから危ないな…
折角の記念イベントだからスッキリ晴れてくれればいいのにね。

でもきっと大丈夫。
晴れ男のパワーでなんとかします😁

新山下から首都高に乗り、快調に進むこと1時間強。
足柄SAでひと休憩。
道中も、SAにもランボルギーニがたくさん。
アヴェンタドールやウラカンが見えます。

そう言えば、途中でF355が2台抜いていったな。
きっと一緒の方々でしょう。
あとで挨拶しよう。

壮観!

小一時間走ると、目的地である神田川観光駐車場に到着。
なかなか広い駐車場には、集合時間より1時間以上早いというのに、既に数十台のF355が!

Sさんの話では70台の申し込みがあり、都合で欠席の方を除いても60台以上の参加とのこと。
まあ、毎回相当数の参加者がいるこのオフ会ですが、今回は生誕30周年記念大会ということもあって、いつも以上に盛況です。

このオフ会は幹事のSさんを中心に参加者が協力して運営しており、車両の展示方法も毎回工夫されています。
もちろんボディカラー別に整理され、整列も美しく。

kojackも今回は駐車誘導と受付のお手伝いをさせていただきました。

みな旧交を温めながら、ワイワイと歓談。
同じクルマのオーナーならではの楽しい時間です。
そうこうしているうちに、参加車両が揃いました。
どうです?この眺め!
壮観!圧巻!まさに生誕30周年記念ってオーラが出てますね。


なんとか雲の合間から富士山も顔を出してくれました。
今回は、フェラーリ専門誌『SCUDERIA』の取材も行われ、後日全オーナーが掲載されるようです。
絶対買わねば🤗

少し早めに小雨が落ちてきて、予定を前倒してイベントは進みます。
今回は表彰式のコーナーがあり、遠方からの参加では神戸や京都から!
自走で来られるなんてスゴイ。

ランチの後はフォーメーションを決めて記念撮影。
イタリア国旗カラーを先頭に、様々なボディカラーが並びました。
こんなことができるのも、このオフ会ならでは。
本当に素晴らしいミーティングでした。
また来年もみんなに会えることを心待ちに…


"こういうブログ興味あるなぁ"、という方は是非「読者」登録をお願いします。
よろしくお願いします。


お読みいただいたついでに
👇をクリックいただけると嬉しいです😄

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村 

クルマ雑学辞典 No.15 ~ちょっと駐車するだけならOK?~

f:id:kojack-ferrari:20220315085612j:plain
⚠当ブログはアフィリエイト広告を利用しています
今回は、駐車に関する道交法のハナシです。

ちょっとだけなら

クルマに乗っていると必ず付いて回るのが駐車。
永遠に走り続けることはできないので、どんな形であれ駐車する必要があります。
駐車するには駐車する場所=駐車場が必要ですが、それだけでは足りません。
駐車するには様々なルール=道路交通法による決まりがあるのです。
この決まりを遵守しないと、当然ですが違法駐車となり検挙され行政罰が与えられます。
いわゆる ”駐禁” というヤツですね。

誰しも嬉しくない駐禁切符を切られないために、どのような決まりがあるのかリマインドしましょう。

まず、駐車する際の決まり事として、ドライバーが留意しなければならないことがいくつかあります。

休憩などでパーキングやコンビニエンスストアを利用する際に気をつけたいのが、エンジンをかけたまま車を離れる行為。
道路交通法(道交法)では、
「車両等を離れるときは、その原動機をとめ、完全にブレーキをかける等当該車が停止の状態を保つために必要な措置を講ずること」
とあるほか
「自動車又は原動機付き自転車を離れるときは、その車両の装置に応じ、その車両が他人に無断で運転されることがないようにするため必要な措置を講じること」
と明記されていて、エンジンをかけっぱなしでコンビニなどで車を離れる行為は、道交法違反となります。

また、道路交通法(道交法) 第2条第18項には次のような規定があります。
駐車 車両等が客待ち、荷待ち、貨物の積卸し、故障その他の理由により継続的に停止すること、又は車両等が停止し、かつ、当該車両等の運転をする者がその車両等を離れて直ちに運転することができない状態にあることをいう。

つまり、
・何かを待つため5分を超えてずっと車を停めている
 または、
・車を停めてその運転者さんがすぐ運転できない状態
が「駐車」ということになります。

ですから、コーヒーを買うためコンビニに入っていただけなのですぐ運転できると主張しても、路上(パトカーなど)から店内の運転者が見えないと駐車と見なされますのでご注意を!


次に駐車禁止場所についておさらいしましょう。
f:id:kojack-ferrari:20211214101242p:plain
細々と指定されていますね😅
街中でよく目に付くのが、交差点や横断歩道から5m以内の違法駐車。
これは事故の誘因となる行為なので非常に危険な違法行為です。

詳しくは、コチラにまとめていますので是非ご一読ください。👇

”ちょっと停めるぐらい大丈夫だろう” なんて軽い気持ち、安易な考えで違法駐車をすると、後悔しますよ。
もし駐車違反で検挙されたら…

「駐車禁止」には大別して二つの違反があります。
①放置駐車違反
違法に駐車している車で、運転者がその車から離れていてすぐに運転できない状態をいいます。
停止時間の長短、車から離れた距離の遠近、エンジンを止めているか否か、ハザードランプをつけているか否かということは関係ありません。

②駐停車違反
運転者が車にいて、現場で警察官や交通巡視員からその車を移動するように命じられたとき、すぐに対応できる状態をいいます。

駐車禁止場所等に違法駐車して検挙された場合、反則金は次のとおり。
【普通車の場合】
・放置駐車違反:15,000円(違反点数3点)
・駐停車違反:10,000円(違反点数1点)

くれぐれもお気をつけて。

"こういうブログ興味あるなぁ"、という方は是非「読者」登録をお願いします。
よろしくお願いします。


お読みいただいたついでに
👇をクリックいただけると嬉しいです😄

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村 

【イベントレポート】自動車遺産の宝庫を訪ねる ~日産ヘリテージコレクション~

f:id:kojack-ferrari:20220315085612j:plain
⚠当ブログはアフィリエイト広告を利用しています
今回は、日産ヘリテージコレクションのハナシです。

やっと来れた

『日産ヘリテージコレクション』ってご存知ですか?
日産ヘリテージコレクションは1930年代から2010年代までの日産の名車や旧車、記念車を保管している記念庫です。
場所は、神奈川県座間市にある日産自動車座間事業所内。

ここでは、古いものでは1930年代の生産車から歴代のレースカーまで、日産が成し遂げてきたイノベーションの歴史を物語る約500台を「記念車」として所蔵し、うち常時約300台を公開しています。
このうち、モータースポーツ車両を除く市販車両の約70%は走行可能な状態を維持しています。
可動車として維持するってもの凄いことですね!

この日産ヘリテージコレクションは、見学可能です。
ただし、見学には予約が必要で、不定期に公開される予約可能日をHPから選択して申し込みます。
これがなかなか難しくて、kojackも毎日HPをチェックしてやっと申し込むことができました。

見学は、週末のガイドツアーコースと平日の自由見学コースから選べます。
ちなみにガイドツアーコースも90分の枠内に自由見学時間が含まれているので、安心してください。

ゲストホールでは432オレンジのRZ34とパールホワイトのZ32がお出迎え。

それだけでテンション⤴⤴ww
ワクワクの見学。
さあ、はじまり、始まり~。

自動車の歴史を学ぶ

様々な文献や写真、映像で自動車の生い立ちや日本での発展、進化については折に触れ学んできたつもりですが、さすが日産ヘリテージコレクションだけあって、改めて自動車の歴史を学ぶことができました。
ツアーコースの初めに日本自動車史、そして日産自動車の生い立ちをビデオで振り返ります。これがなかなか興味深い😌

コレクションホールは圧巻のラインナップ。
約300台の名車たちがズラリと展示され、目移りするする👀

初めてクルマを意識した頃から惚れ続けているS30フェアレディZ
S13オーナーとして畏敬の念を抱いている初代シルビア(CSP311型)。

そして、数々の栄光を掴んできたレーシングカーたち。

また、モーターショーでのコンセプトモデルで終わったMID-4やホモロゲーションのために製造されたR390 GT1といったマニアやファン垂涎のコレクションも数多く展示されています。

もちろんスカイラインファンには堪らないGT-Rや稀少なR31GTS-Rなど、歴代モデルを隈なくラインナップ。

それほどクルマに興味のない方でもきっと懐かしいモデルに再会したら、あの頃の想い出に浸れますよ。

引き継いでほしい

各自動車メーカーがこうしたコレクションホールを展開していますが、この先EVシフトによりガソリン自動車に代わって電気自動車が主力となる時代。
人間が生み出した発明品の中でも最高傑作といえるガソリン自動車を後世に伝えるために、是非ともこうした施設の維持、所蔵品の公開を継続していただきたいと思います。


日産ヘリテージコレクションは見学無料と、気軽に訪れることができる施設ですが、所蔵車の70%を可動状態で保管するとなると、莫大なコストと労力がかかることは容易に想像できます。
企業の自助努力だけでは厳しいこともあると思いますが、これら自動車遺産を大切に守り、引き継いでいくことは我々クルマ好きにとっての使命でもあると思うのです。

是非機会を見て、日産ヘリテージコレクションに足をお運びいただき、素晴らしい自動車遺産をその目でお確かめください。

"こういうブログ興味あるなぁ"、という方は是非「読者」登録をお願いします。
よろしくお願いします。


お読みいただいたついでに
👇をクリックいただけると嬉しいです😄

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村 

イタリアンカロッツェリアの競演 ~閑話休題 華麗なる名作たち~

f:id:kojack-ferrari:20220315085612j:plain
⚠当ブログはアフィリエイト広告を利用しています
今回は、今週のお題「名作」のハナシです。

数ある名作の中で

今週のお題は「名作」です。
クルマでいうと、やはりイタリアのカロッツェリアが生み出したカーデザインには名作と言われるものが数多くありますね。

中でもフェラーリの専属といってよいカロッツェリアピニンファリーナが描いたクルマには名作が多いと思います。
そのライバルであるカロッツェリアベルトーネが生み出したランボルギーニの作品もまた名作揃い。

視点を変えて、クルマの機構やエンジンなど原動機という点では日本も負けていません。
トヨタやホンダが開発した技術は、今でも世界をリードする素晴らしい自動車遺産でしょう。

賛否両論あるだろうが

まあ、何かひとつ選ぶ時というのは、賛否両論あって喧々諤々と論争を繰り広げるのが常。
なので、今回もご意見はいろいろあると思いますが、それはコメントでお願いします😅

さて、前置きはこれくらいにして、まずデザインの名作を考えてみましょう。
前述のとおり、イタリアのカロッツェリアに一日の長があることはクルマ好きなら異論のないところかと思いますが、どのモデルが名作かとなると…

そんな中でも最も有名であり、その人気も衰えることがない一台というと、やはりこのクルマではないでしょうか。

引用元:Nosweb.jp

『Dino246gt』

ピニンファリーナ自身もこれこそが最高傑作と自認していたとか…
何度か実車を拝見したことがありますが、例えて言うなら生き物を見ているかのような感覚でした。
艶めかしいフロントフェンダーの峰、流れるようなウエストライン、芸術的なサイドエアインテーク、美しいトンネルバック…
これが後のMRフェラーリストラダーレの礎となったことは疑いの余地もなく、MRフェラーリの始祖ともいうべきクルマです。

もう一台

そして、もう一台の名作といえば…
引用元:CarMe https://car-me.jp/articles/11308

ランボルギーニカウンタック

誰もが知るイタリアンスーパーカーの代名詞。
ボディデザインを担当したのは、カロッツェリアベルトーネ
いかにもベルトーネらしい直線基調のライン構成で、近未来感を見事に表現しています。
カウンタックを初めて見た時は、この世のものとは思えない、何ともいえない違和感というかにわかには受け入れ難い不思議さのようなものを感じました。
このデザインコンセプトも、ディアブロ以降のランボルギーニフラッグシップMRのベースとなったことは説明するまでもありません。


いかがでしたか?
いずれも自動車遺産というべき名作です。
他にも数多くの名作と呼ばれるクルマがあります。
その時代を代表する名作たちを末永く、大切に守っていきたいと思うのであります。

"こういうブログ興味あるなぁ"、という方は是非「読者」登録をお願いします。
よろしくお願いします。


お読みいただいたついでに
👇をクリックいただけると嬉しいです😄

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村 

[おすすめショップ]シャトレーゼ町田成瀬店

f:id:kojack-ferrari:20220315085612j:plain
⚠当ブログはアフィリエイト広告を利用しています
今回は、シャトレーゼのハナシです。

どんなお店?

シャトレーゼ』と聞けば、ケーキですよね。
いや、焼き菓子?それとも和菓子?
そのとおり!正解は全部です😁

廉価なのに本格的なお菓子がズラッと勢揃い。
フィナンシェやワッフル、マドレーヌといった伝統的な焼き菓子が100円台でラインナップし、アイスクリームに至っては ”本物” のアイスクリームが1本70円程度と信じられないプライシング。

店舗も全国展開していて、きっとお住いの近くで見かけたことがあるのでは?
引用元:食べログ https://tabelog.com/tokyo/A1327/A132701/13132082/

その中でも『シャトレーゼ町田成瀬店』はひと際人気のお店。


〒194-0003 東京都町田市小川2丁目28−6

明るく清潔な店内に、所狭しと並べられたお菓子の数々。
さながら「お菓子の城」
カットケーキだけでなくホールケーキも充実。
またテレビでも話題となった『白州名水豆大福』など和菓子も。
さらに、パンやワインも揃っています。

駐車場も店舗に隣接していて、6台駐車可能(無料)

営業時間:9:30~20:30(年中無休)
電話:042-788-5665

とにかく美味しい

シャトレーゼのお菓子はとにかく美味しい。
そのひと言で言い尽くせます。

シャトレーゼ町田成瀬店では、店内で焼き立てのアップルパイも取り揃えていて、これがまた美味い。
サクサクのパイ生地とシナモンがふんわり香るアップルフィリングのハーモニーが抜群です。

kojackのイチ推しは『ビスキュイワッフル スイート』
引用元:シャトレーゼ https://www.chateraise.co.jp/

シロップを染み込ませた、しっとりと口どけの良い生地にスイートチョコで一部をコーティングしたバターの風味がほんのり香るワッフル。

もう一つの推しがコレ。
かりんとう饅頭』
引用元:シャトレーゼ https://www.chateraise.co.jp/

黒糖生地で北海道産小豆使用の自家炊きこし餡を包み蒸し上げ、香ばしく風味の良い米油で揚げたかりんとうのような饅頭です。
外はカリッと中はしっとり、甘みを抑えたこし餡との調和が最高の逸品。

笑顔溢れる

シャトレーゼ町田成瀬店をオススメするもう一つの理由が…
それは…お店スタッフの笑顔です。
総勢7~8名いるスタッフが皆とっても爽やかな笑顔で迎えてくれます。

店長のYさんはじめ、ホールスタッフが楽しそうな笑顔で溢れていて、それを見ているだけでも幸せになれますよ。


もちろん魅力的なお菓子がいっぱいで迷ったら、気軽に声をかければ丁寧に説明してくれてオススメ商品も教えてくれるので、ドライブがてら是非一度お立ち寄りください。

"こういうブログ興味あるなぁ"、という方は是非「読者」登録をお願いします。
よろしくお願いします。

お読みいただいたついでに
👇をクリックいただけると嬉しいです😄

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村 

ディーゼルって何? 〜いまさら聞けないクルマのハナシ〜

f:id:kojack-ferrari:20220315085612j:plain
⚠当ブログはアフィリエイト広告を利用しています
今回は、ディーゼルエンジンのハナシです。

どんな原理?

いまさら聞けないことのひとつにエンジンの種類、というか原理、機構のハナシがあります。
愛車の話をしていて、排気量は何CCとかエンジンは何馬力とかスペックについては細々覚えている方も、さて愛車のエンジンはどういう原理で動いていて、どんな機構が組み込まれているのだろう⁈🤔となると怪しいのではありませんか?

今回はそんな基本中の基本であるエンジンの原理、特にディーゼルエンジンに焦点を当ててお話ししましょう。

ディーゼルエンジンとは

ディーゼルエンジンと聞くと最初に思い浮かべるのか何でしょうか?

燃料が軽油で安い
ガラガラとうるさいエンジン音
力があるらしい

なんてところが一般的でしょうか。

ディーゼルエンジンの仕組みは、ピストンで空気を燃料の発火点以上に圧縮加熱し、そこに燃料を噴射して自己発火させます。
これにより生じた燃焼ガスの膨張でピストンを押し出す「圧縮着火拡張燃焼機関」ということになります。
そう!燃料を直接加熱した空気に噴射するので、ガソリンエンジンのような点火プラグはありません。
点火装置が不要な内燃機関なのです。
引用元:チューリッヒ保険会社 
https://www.zurich.co.jp/car/useful/guide/cc-dieselcar-merit-demerit/

また、特徴として圧縮着火のため高圧縮比となることが挙げられます。
ガソリンエンジンが8~11前後なのに比べて、14~18程度と高圧縮なので、軸トルクの発生も比例して大きくなるのです。
ですから、力強い発進加速が得られ、坂道でも楽々進むことができるんですね。

クリーンディーゼル

ひと昔前のディーゼルというと、マフラーから黒煙モクモク、臭いニオイを撒き散らすイメージでしたが、近年はクリーンディーゼルというエンジンが普及しています。

ディーゼルエンジン排気ガスによる環境汚染を問題視し、2003年には地方公共団体が「ディーゼル車規制条例」を制定しました。
基準を満たしていないディーゼル車の走行が禁止されているのはもちろん、従来のディーゼル車をそのまま使用するには、フィルターの設置(微粒子物質の規制のみの場合)が必要になりました。


ディーゼル車規制条例を受けて、粒子状物質や窒素酸化物の排出量の少ないディーゼルエンジンとして開発されたのが「クリーンディーゼル」です。
クリーンディーゼルを搭載した自動車は、環境保護に配慮した次世代自動車として認定されています。
また、クリーンディーゼル車を普及させるために、国や地方自治体では補助金を設けている点も特徴。
「クリーンディーゼル補助金」では、対象車を購入するときの税金の免除などが受けられます。

"こういうブログ興味あるなぁ"、という方は是非「読者」登録をお願いします。
よろしくお願いします。


お読みいただいたついでに
👇をクリックいただけると嬉しいです😄

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村 

夢と希望が詰まった場所 ~愛車の住処 ガレージのハナシ~

f:id:kojack-ferrari:20220315085612j:plain⚠当ブログはアフィリエイト広告を利用しています
今回は、ガレージのハナシです。

想いは様々

先日参加したクラブのツーリング。
ランチしながらメンバーみんなであれこれおしゃべりしたのですが、話題がガレージに。
メンバーの一人がガレージハウスというか自宅を新築するにあたって、こだわりのガレージを計画しているようなのですが、いろいろと制約があって苦労している様子。

kojackも、5年前に自宅を新築するにあたって、ガレージにはこだわりました。
もちろん土地の広さや資金繰りもあって青天井で希望を実現することはできませんでしたが、設計士と可能な限り形にしようと知恵を絞り、なんとか完成。

ランチの席上でも各々自宅のガレージを思い浮かべながら、それぞれのこだわりを語り合いましたが、その想いは様々。
やはり、ガレージって夢と希望が詰まっているんですよね。

ピンキリ

いつもF355オフ会でお世話になっているSさんも自宅の新築に合わせてガレージの構想を練っている模様。
この方は知り合ったフェラーリオーナーの自宅を探訪してガレージを取材しているほどのマニアで、もちろん『ガレージライフ』というガレージ専門誌も購読されています。

ブログを拝見すると、まあ素晴らしいガレージの数々が紹介されていて圧倒されますが、一介のサラリーマンには到底実現できそうにない豪華絢爛なガレージばかり。

引用元:アーネストアーキテクツ株式会社 
https://earnest-arch.jp/column/commitment/post-330/

男の夢をカタチにできたという感じで、もう憧れ以外の何ものでもありません。
Sさんのガレージも、これまでの取材で得たノウハウや研究されてきたこだわりが詰まった素敵な空間になることでしょう。
今から本当に楽しみです。

一方、kojack家のようになんとか家の中に収められたガレージもまた、夢と希望が詰まっていることに変わりはありません。
豪華ではないけれど、仕事を終えて疲れ果てて帰宅して玄関のドアを開けたら、目の前に見えるフェラーリ
もう、これだけで幸せ。

出来上がったガレージはピンキリですが、オーナーの想いは皆一緒なんですよね~。

ポイントは3つ

これからガレージを設計しようという方もいらっしゃるでしょうから、ポイントを記しておきます。

ガレージ設計のポイント

①換気設備
クルマを格納するガレージでは排気ガスの換気が絶対条件。これを怠ると二酸化炭素中毒で死に至る場合もあるので、必ず設備を設けること。自動車専用の換気設備から汎用換気扇まで様々ありますが、できるだけ大型のものを選んで損はありません。

②照明設備
大切なのは駐車位置と照明配置の関係。設計士は大抵、ガレージの中心部分やシンメトリーに照明を配置しますが、クルマはほとんどの場合、左右どちらかに寄せて駐車するはず。そこでミニカーなどで配光や影のでき方をシミュレーションしてみると参考になります。
ガレージが完成して、いざスイッチON…アレ⁈🤔ってならないようにww

③電源

これも重要!ガレージ内でバッテリー充電等を行ったり、作業をする際に必要となる電源。
愛車のバッテリー位置を確認し、適切な位置にコンセントを配置しないと、ガレージ内で延長コードを取りまわす羽目に…

夢と希望が詰まってるだけに、よく考えて設計しないと完成してから後悔することになります。
コンセントは無駄に思っても多めに配置しておくと、使っているうちに功を奏することも。
また、照明は思っているより暗めな方が、雰囲気が出てカッコ良く仕上がります。←これは好みの問題なので人それぞれ


いかがでしたか?
クルマ好きならやっぱり愛車を家の中に格納して、部屋から眺めたいですよね。
広いガレージを作れるなら、休憩スペースを設えてゆっくりお茶を飲みながら愛車と過ごす休日…なんてシャレた暮らし方もできますね。

グレードはどうあれ、ガレージライフを楽しむのもクルマ道。
皆さんならどんなガレージを作りたいですか?

"こういうブログ興味あるなぁ"、という方は是非「読者」登録をお願いします。
よろしくお願いします。


お読みいただいたついでに
👇をクリックただけると嬉しいです😄

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村 

クルマ雑学辞典 No.14 ~トルクとパワーの関係とは~

f:id:kojack-ferrari:20220315085612j:plain
⚠当ブログはアフィリエイト広告を利用しています
今回は、トルクとパワーのハナシです。

トルクとパワーの役割って?

クルマのカタログを眺めていると、エンジンの説明で必ずと言ってよいほど出てくるのが「トルク」と「パワー」という単語。
もう少し言うなら「最大トルク」や「最高出力」というワードでしょう。

トルクとは、回転軸まわりに生じる「物体を回転させる力」のことです。
例えば、トルクレンチを使用してボルトを締める時の力や、自動車の前進、後退をさせるために必要なエンジンの駆動力がこれにあたります。
トルクの単位については、1993 年の新計量法施行以来、N・m(ニュートンメートル)が使われています。
この単位を見ても分かるように、トルクは力(回転方向に作用する力)と、長さ(回転軸から作用点までの長さ)の積となるので、回転方向に作用する力が同じであれば、回転軸から作用点までの長さが長いほど大きなトルクが得られる、つまりボア・ストロークで言い換えるならばロングストローク型の方がショートストローク型より大トルクが得られるということにもなります。


一方、パワーとはどのくらいの仕事をするのかを表す単位になります。
過去に蒸気機関車を発明したジェームズ・ワット氏が行った実験で、175 ポンド(約 80kg)の荷物を馬に引かせて 1 分間で 188 フィート(約 57m)移動したときの馬のした仕事量を、単位時間に換算した量を「1 馬力」と定義されました。
つまりパワーとは、単位時間で、ある重さの物体をどれくらいの距離を移動することができるか、つまり仕事率の単位ということになります。 

では、トルクとパワーはどのような関係性をもっているのでしょうか。
引用元:JAF 
https://jaf.or.jp/common/kuruma-qa/category-construction/subcategory-engine/faq058

自動車で例えると、「タイヤなどを回転させる力」がトルクであり、その大きさは「走りだそうとする力」あるいは「坂を上ろうとする力」に相当します。
トルクを大きくすれば、発進時の動き出しが俊敏になり、また急な上り坂でもスムースに上れるようになります。
すなわち、トルクは「瞬発力・回転力」を表す指標とも言えます。

これに対して、パワーは一定の時間内に決められた荷物(重さ等)をどこまで運べるかを表した指標です。
トルクと似ているようですが両者は異なります。
トルクには単位時間という概念がありませ んが、パワーは仕事率を表すので、単位時間という考え方が必要になります。
自動車で例えると、「タイヤなどを回転させる力」=トルク、とエンジンの回転速度を掛け合わせた仕事量がクルマのパワーということになります。

"こういうブログ興味あるなぁ"、という方は是非「読者」登録をお願いします。
よろしくお願いします。


お読みいただいたついでに
👇をクリックいただけると嬉しいです😄

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村 

【イベントレポート】春恒例の湘南・三浦ツーリング ~花曇りの横須賀・ソレイユの丘~

f:id:kojack-ferrari:20220315085612j:plain
⚠当ブログはアフィリエイト広告を利用しています
今回は、クラブツーリングのハナシです。

春は恒例の湘南・三浦方面

今年3回目のツーリングは、毎年お邪魔している湘南・三浦方面へ。
だいぶ陽気も春めいてきたのに、この日はすこし怪しい予報。
花曇りの空の下、美しい328GTB/GTSのボディラインを眺めながら行ってみましょう。

聖地は満員御礼

今回も集合は湾岸線・大黒PA
先日のオールジャンルオフ会でも集まったのですが、いつ来ても満員御礼状態ですね💦
なんでこんなに集まるんだろう⁈🤔
といつも思ってしまう。

ここを目指す方が多いんですよね。
内外、新旧様々なクルマが見られるから、クルマ好きにはたまらないのかもしれませんね。
どうしても人が多いところが苦手なので、何度来ても慣れません。
大黒PAより大黒ふ頭が好き。

予定変更で急遽大黒PAに登場したUさんの512BBを囲んで、フェラーリ談義に夢中のオジサン達😁

みんなでワイワイ

首都高から横浜横須賀道路(横横)を快走して、横須賀へ。
ソレイユの丘は、広々した敷地に観覧車やジップラインなどのアトラクション、整備された庭園など施設も充実。
もちろん駐車場も広々です。

 

今回のランチ会場は、2023年4月オープンしたばかりの『VENTO LEONE』
リゾート感溢れる空間で、薪窯で焼くピザやパスタ等を楽しめるんですよ。

 

やっぱりイタ車オーナーズクラブですから、ランチもイタリアンですよね~。
今回はパスタかリゾットをチョイスできるのですが、どちらも美味しそうで迷う迷う。

アンティパストミストはご覧のとおり豪華!
左上から時計回りに、プロシュートのインサラータ、ホタルイカのトマト煮、鴨のロースト、エビのフリット、アランチーノ、タイのカルパッチョ
イタリアンの王道をいく前菜です。
どれも美味でしたが、久しぶりのアランチーノは格別。
とろ~りチーズが旨し。
プリモピアットは、ピッツァ・マルゲリータ
例の薪窯で焼いたピッツァは、もちもち食感の生地とフレッシュトマトの酸味でどんどん進みます。

セコンドピアットにはパルミジャーノレッジャーノのリゾットをチョイス。
これが…絶品でした。
香り高いパルミジャーノが鼻先をくすぐるリゾットは、見事なアルデンテ。
本格派の逸品に大満足。

残念ながらドルチェはありませんでしたが、最後にホットティーで締めてごちそうさま。
みんなでワイワイおしゃべりしながらいただくランチほど楽しいものはありませんね。
時間も忘れてね。


今回も素敵な企画をありがとうございました。
会長、理事の皆さんに感謝です。

次回は軽井沢BBQツーリング。
残念ながらF355オフ会とダブルブッキングなので欠席です。

"こういうブログ興味あるなぁ"、という方は是非「読者」登録をお願いします。
よろしくお願いします。


お読みいただいたついでに
👇をクリックいただけると嬉しいです😄

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村 

幼児の交通事故を防ぐには ~親の監督責任を問う~

f:id:kojack-ferrari:20220315085612j:plain
⚠当ブログはアフィリエイト広告を利用しています
今回は、幼児の事故のハナシです。

痛ましい事故

2024年4月13日のニュース

13日午後5時半ごろ北海道岩見沢市志文町の住宅街で「女の子が車に巻き込まれた」と消防に通報がありました。
近くに住む3歳の久保明莉ちゃんが頭を強く打った状態で倒れていて、その場で死亡が確認されました。
警察は運転していた岩見沢市の会社員で25歳の相笠拓斗容疑者を過失運転致死の疑いで現行犯逮捕しました。
警察の調べに対し相笠容疑者は「ぶつかったことは間違いない」と容疑を認めています。
明莉ちゃんが倒れていた近くにはペダルのない自転車のような遊具が壊れた状態で残されていて、警察は相笠容疑者が車を発進させるときに明莉ちゃんを巻き込んだとみて調べを進めています。

引用元:3歳女児ワンボックスカーにはねられ死亡 自転車のような遊具も壊れ…25歳男を逮捕 北海道・岩見沢市(HTB北海道ニュース) - Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/e6d36e0537bd844aab3ba020320bf17492c1a384

なんとも痛ましい事故です。
街中でよく見かける足で蹴りながら進む二輪の遊具に乗っていて巻き込まれたと思われます。

ワンボックスだと車高が高くクルマの直前は死角が大きいので、身体の小さな幼児がクルマの前に出てくると確認していても気づかない可能性があります。
一義的にはドライバーが死角も含めた安全確認を行う必要がありますが、歩行者も自分の身を守る意味でクルマのすぐ近く、特に前後に立つのは事故の誘因になりますので、気をつけないといけません。

親の監督責任

今回の事故の詳細がわからないので何とも言えませんが、記事の情報から判断すると親がそばで幼児を監護していた様子はありません。

過去の裁判例では責任能力の境界点は12歳前後と言われています。
つまり小学生以下の子供は責任無能力者であるため、その親に監督責任が生じます。
これは子供が加害者となり、賠償責任が発生した場合の話ですが、今回の事故のように被害者となる場合でもケースによっては親の監督責任を問われることも考えられます。

今回で言えば、被害者が乗っていた遊具(ペダルなし二輪遊具)は公道で使用しないよう国からも周知されています。

この遊具は、ペダルがないため、道路交通法で定められた自転車には該当しません。
歩行者や自転車との接触・衝突などの危険性があるばかりでなく、自動車との大きな事故につながることも考えられます。道路での使用は絶対にやめましょう。
引用元:消費者庁「ペダルなし二輪遊具による子どもの事故に注意!」


子供をこういった危険な遊具で公道上で遊ばせていて事故に遭った場合、過失割合の認定では親の監督責任が問われるでしょう。
事故が予見されるにも関わらず、責任無能力者を放置していれば事故の誘因となるので当然のことと言えます。

目立つ ”放置プレイ”

最近、幼児や低学年児童を生活道路などの道路上で自由に遊ばせ、近くで親が監護しない、いわゆる ”放置プレイ” が目に付きます。

先日も、通勤時間帯に近所の交差点を4歳児くらいの子供がふざけながら通過していきました。
時間帯からクルマやバイクの往来もあり大変危険でしたが、親は50mほど後ろから「気をつけて~」と声をかけるだけで手を引こうともしていませんでした。
すると、次の瞬間、交通量の多いT字路を左右確認もせず子供が飛び出したところへクルマが来て急ブレーキ!
ドライバーの反応が早くギリギリではねられなかったのですが、親はドライバーに謝るでもなく、ヘラヘラ笑いながら子供のところへ。

1秒ブレーキが遅かったら即死でした。
正直、この親に憤りを感じるとともに、これでは絶対に事故は減らないと思いました。
そして、この子は不幸だとも…


交通事故は、大抵双方の過失で起こるものです。
裏を返せば、常に安全を確保していればまず事故にはなりません。
つまり、歩行者や自転車も交通弱者だからといってルールを無視して勝手な行動を取っていれば、それが事故を誘発して自分が痛い目に遭うということです。

近年、警察も自転車や歩行者の交通ルール遵守に視点を置いた取締りを強化しています。
くれぐれも交通事故に巻き込まれないよう、歩行者であっても安全の確保に努めましょう!

"こういうブログ興味あるなぁ"、という方は是非「読者」登録をお願いします。
よろしくお願いします。


お読みいただいたついでに
👇をクリックいただけると嬉しいです😄

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村