kojack-ferrariのクルマ道

~クルマをこよなく愛する人へ~

やっぱりレースが一番 ~閑話休題 寝る間も惜しんで没頭したな~

f:id:kojack-ferrari:20220315085612j:plain

今週のお題「私がハマったゲームたち」

寝る間も惜しんで

今週のお題は、「私がハマったゲームたち」
ゲームは子供の頃から好きでしたが、ハマったというほど夢中にはなりませんでした。

だからファミコンブームが来ても飛びつくこともなく、敢えてNECPCエンジンなんていうマイナーなものを手にしてみたりして…

もちろんコレもすぐ飽きて押入れの肥やしになっていましたね。

そんなことで30代まで大して見向きもしなかったテレビゲーム。
なのに、突然高価なゲーム機やソフトを買い求め、毎日狂ったように熱中したものがありました。

それは…
『Play Station』
誰もが知る、超大人気のゲーム機ですね。

でも、実はこれすらとうの昔に発売されていて、登場した時も別に何の興味もありませんでした。

そんなkojackがなぜ飛びついたのか?

その答えはもちろん、大好きなレースゲームが発売されたからなのです😉
その名も、『GRAN TURISMO
引用元:Gran Turismo.com https://www.gran-turismo.com/jp/products/gt/

サブタイトルには「THE REAL DRIVING SIMULATOR」と記されたこのゲームは、それまでのアーケードゲームのような子供騙しなオモチャとは一線を画した、まさにシミュレーターでした。

1作目はまだ架空のサーキットだけで、ポリゴン処理も粗くバグだらけの未完成なものでしたが、それでも十分クルマ好きを夢中にさせるコンテンツで、当時、仕事が激務で平均睡眠時間4時間足らずの生活にも関わらず、金曜の夜は毎週徹夜で没頭しました。

ライセンスはあっという間にSクラスまでオールゴールドを獲得し、隠しキャラのF1マシンも全車種GET!

所有車種が数百台にまでなったように記憶しています。

お気に入りは、当時好きだった『カストロールトムススープラ
引用元:YouTube.com 

https://search.yahoo.co.jp/image/search?ei=UTF-8&fr=wsr_is&p=%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%84%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%A21%E3%80%80%20%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%A9&aq=-1&oq=#5d1df8e094fdc788e09ec9717e5b71e0

全日本GT選手権で活躍していた36号車は、栄光のトヨタワークス、エースナンバー。
これを駆ってあらゆるレースで勝ちまくって、仕事のストレスを発散していたのでしょう。

思い出深いのは、ラリー・ジムカーナ専門誌『プレイドライブ』が『GRAN TURISMO』のタイムアタックモードで全国ランキングを決定するという企画を始め、そこで全国第3位に入賞したこと。

最初に応募した時は7位か8位でかなり悔しい思いをして、それから毎週末寝る間も惜しんで、何かに憑りつかれたようにやり込んだ末、納得のいくタイムで再度応募した結果、見事3位入賞となりました👑

次々と…

最初は、この1作で終わると思っていた『GT』でしたが、その完成度の高さから爆発的なヒットとなり、プロデューサーの山内一典氏がのめり込むように次々と新作を登場させることになります。

ゲーム機本体もスペックが向上し、ポリゴン処理はさらに精度を上げ、実車エキゾーストノートを録音して再現するなど、もうただのテレビゲームの世界から大きく逸脱しはじめます。 ファンにとっては大変喜ばしいことでしたww

PS2の頃には『GT3』となり、クルマの動きがかなりリアルになったことで、本当の意味でのドライビングシミュレーターとして成立するように。

GT4』くらいからは実在するサーキットも多数納められるようになって、もうこの頃はレースを楽しむのではなく、自分が実際にサーキットを走る時のセッティングの確認用に使っていました。
引用元:Gran Turismo.com 

https://www.gran-turismo.com/jp/gtsport/manual/#!/settings/content02

富士スピードウェイ筑波サーキットなどよく走っていたので、バネレートや車高、キャンバー、トウなどアライメントを変えては走り込み、ラインや適正なギヤを確認して次の走行会で再現する、といった具合。

それくらいリアルだったんです、GTって😉

サーキットを卒業するとともにGTも卒業しましたが、今でもやってみたいゲームといったらこれしか思い浮かびません。

素晴らしい作品でした。
ありがとうございました😌

"こういうブログ興味あるなぁ"、という方は是非「読者」登録をお願いします。
よろしくお願いします。