kojack-ferrariのクルマ道

~クルマをこよなく愛する人へ~

警察に物申す ~襟を正して模範たれ~

f:id:kojack-ferrari:20220315085612j:plain

どういうことか

先日、こんな記事を書きました。お読みいただいた方はご存知の、「歩行者妨害違反」に関するものです。

この件は、今、話題になっている横断歩道での歩行者優先をどう捉えるか、どう解釈するかというものですが、大原則は道路交通法(道交法)に定められているとおりです。

リマインドすると…

道交法第38条第1項には次のように規定されています。

「横断歩道等によりその進路の前方を横断し、または横断しようとする歩行者等がある時は、当該横断歩道等の直前で一時停止し、かつ、その通行を妨げないようにしなければならない

これが全てです。
歩行者が横断歩道を渡っているか、渡ろうとしていたら、車両は必ず一時停止して歩行者を先に行かせなければならない、ということ。

ところが先日、驚くべきことに遭遇しました😱

近所の生活道路を徒歩で散歩していて、横断歩道を渡っていた時のこと。
後方から接近してきたパトカーが、こちらが横断歩道上を通行しているにもかかわらず強引に左折してきて、目の前を通過していきました。
もちろん緊急車両の状態(赤色灯+サイレン)ではなく、ただの警ら中のパトカーが、です。
もう少しで巻き込まれそうになり、慌てて止まりました。
もう一件は、同じく生活道路を散歩中に起きました。
住宅街の横断歩道に差しかかった時、右方から原付バイクに乗った制服警官が迫ってきました。
こちらが渡ろうと横断歩道に足を踏み入れた瞬間、一瞬減速したかと思ったそのバイク警官が急加速して目の前をかすめていったのです。

一体どういうことなのでしょうか?
これだけ全国的に話題となっている歩行者妨害違反を、警察官、それも制服警官が白昼堂々と犯すとは…

返す返すも悔しいのは、徒歩で歩行中のためドラレコのように ”犯行” の瞬間を動画で撮影できなかったこと。

まず隗より始めよ

日々、市民の暮らしを守ってくれている警察官。
そこには、献身的な努力や命がけの職務もあります。

それ故、私達は警察や警察官を信頼して任せているのでしょう。

でも、前述のように一人の警察官が何気ない生活の一コマで犯した違反で、積み上げてきた信頼を壊し、組織に対する不信感まで抱かせるのです。
 

街を歩いていて感じるのは、ほとんどのドライバーが歩行者妨害違反をしていて、まともに道交法を遵守していないということ。

本当にきちんと一時停止して、歩行者が通行するまで待っていることはまずありません。

このような現状に鑑み、違反者を取り締まることは大いに結構。
大賛成です。

でも、他人を取り締まる前に自分たちが正しく法律を理解して遵守しなければ、誰もその趣旨を理解しません。

”まず隗より始めよ”

率先垂範の精神を忘れてはなりません!

権力の裏にあるもの

よく「権利と義務」について論じられることがありますが、権利を得る者=権力者とは、人の上に立っているわけではありません。

権力を振るうその裏には、それと同じだけの責任や義務があるということ。
つまり権力を手にすればするほど、その責任は重く、広くなるのです。

そういう意味では、むしろ人々を下支えするのが権力者の立場です。
 

人が人を取り締まるには、まず自分自身が襟を正して模範となって、人々にどうあるべきか示すことから始まるのです。

権力に甘んじているようでは、誰からも信頼を得ることはできません。

小さなこと、取るに足らないことの積み重ねが、やがて大きな波となって必ず自分に跳ね返ってきます。

是非とも信頼できる警察、警察官であってほしいと願っています。

"こういうブログ興味あるなぁ"、という方は是非「読者」登録をお願いします。
よろしくお願いします。