kojack-ferrariのクルマ道

~クルマをこよなく愛する人へ~

続々・死角を意識する ~クルマから見た危険な自転車とは~

f:id:kojack-ferrari:20220315085612j:plain

=前回のハナシ=

クルマからは見えていません

このところ、立て続けに自転車の危険な運転に出くわしました。

パターンは違いますが、いずれも自転車に乗る人がクルマの死角を認識せず、無謀な運転をした結果、事故になりかけたというもの。

どのようなケースがクルマの死角になるのでしょう。

それは、
クルマの斜め後方からクルマの前に飛び出してくるとき!

ほとんどのクルマには屋根があり、この屋根を支えるためにピラー(柱)がありますが、このピラーが邪魔して見えない角度(死角)ができてしまうのです。

特に、斜め後方はCピラー(後方の柱)の幅が広く、それだけ死角も大きくなるので、クルマの斜め後ろから近づくものは運転席からは見えていません。

事例別研究

【ケース1】
駅前の横断歩道で、歩行者がいなくなったのを確認後走り出したところ、横断歩道中ほどまで来たところで右側からいきなり自転車が飛び出してきた。
原因は、クルマが動き出しているのに、自転車が右斜め後方から強引にその前を横切ろうとしたため。

【ケース2】
住宅街の生活道路で、進行方向の信号が青になり対向車、歩行者及び左右を確認し右折したところ、横断歩道に差しかかった瞬間右側から自転車が突っ込んできた。

原因は、自転車が進行方向の赤信号を無視して、無理やり右折車の前に割り込もうとしたため。
 

【ケース3】
交通量の激しい国道で、先頭で信号待ちをしていて信号が青に変わったので動き出したところ、○ber○atsの自転車が右斜め後方からクルマのバンパーをかすめるように強引に横切り、急ブレーキとなった。

原因はケース1同様、クルマが動き出しているのに、自転車が右斜め後方から強引にその前を横切ったため。

しかし、このケースが悪質なのは、四車線の国道を信号無視して斜め横断し、通行を妨害するという道路交通法違反を重ねて犯している点。

いずれのケースも自転車側は、強引にクルマの前に飛び出し事故を誘発させる行為に及んでいるのに、一切反省の態度が見られませんでした。
(こちらが停止して丁寧に合図までして自転車を優先させているにもかかわらず、です😅)

つまり、自転車側は危険行為とも事故の誘因とも思っていないのでしょう。
なぜか?

それは、クルマに死角があることを認識していないからだと思います。

死角を意識させる

これまで車を運転する際、気をつけるべき死角の存在についてお話ししてきました。

しかし、今回改めて感じたのは、クルマ側がいくら気をつけても、歩行者や自転車がそれを無視した行動を取ることで事故を誘発させるということ。

これまで、歩行者や自転車の交通ルールについて何度もお伝えしていますが、

交通ルールを遵守するだけでなく、歩行者や自転車が「クルマからどう見えているか」ということについても教育する必要があります。

このブログをお読みいただいている方々にお願いがあります。

是非ご家庭で、交通ルール遵守やクルマには死角があること、また、ドライバーから見た歩行者や自転車の危険行為について皆さんで話し合っていただきたいのです。
 

ひとりでも多く交通社会に適合した行動を取る人が増えれば、それだけ事故の抑制につながります。

毎度のようで恐縮ですが、今の交通社会では、”歩行者だから何をやっても優先” などという優先意識は通用しません。

皆で交通法規やルール、マナーを守って、安全で気持ち良い交通社会を作りましょう🙋

"こういうブログ興味あるなぁ"、という方は是非「読者」登録をお願いします。
よろしくお願いします。