kojack-ferrariのクルマ道

~クルマをこよなく愛する人へ~

オートマとひと言で言うけれど… ~ATの種類とその特徴~

f:id:kojack-ferrari:20220315085612j:plain

オートマとは

あなたの愛車は『オートマ』ですか?
そもそも『オートマ』って何ですか?

『オートマ』とは、オートマティック・トランスミッション(AT)の略称です。

クルマは、エンジンで作られた力を駆動力に変換する装置と速度を制御する装置でタイヤを回して走る乗り物。

この ”速度を制御する装置” を『変速機(トランスミッション)』と呼びますね。


そして変速機は、手動(マニュアル)と自動(オートマティック)、それに半自動(セミオートマティック)という三種類に分かれます。

今回は自動変速機(AT)と半自動変速機(AMT)についてお話ししてみたいと思います。

オートマの仕組み

ATとAMTでは、その構造や仕組みが全く違います。

まず、ATからご説明しますが、このATはさらに二種類に分かれます。

歴史が古く、一般的に普及しているのがトルクコンバーター式AT(トルコンAT)、もう一つが無段変速機CVT)と呼ばれるもの。

トルコンATの仕組みは、2つの扇風機の羽が向かい合わせになったようなトルクコンバーター(トルコン)とギヤセット(遊星ギヤ)から構成されています。

トルコン内部にはATF(オートマティック・トランスミッション・フルード)というオイルが満たされていて、このオイルのねじれる力をギヤセットに伝達してタイヤを駆動します。

引用元:TDK株式会社


CVTの仕組みは、2対のプーリー(滑車)と金属ベルトから構成され、一方のプーリーが開き、もう一方が閉じることで変速されます。
引用元:チューリッヒ保険会社

マニュアル・トランスミッション(MT)では、クラッチを介してエンジンの力を駆動装置に伝達しますが、その代わりにオイルやプーリーによって駆動力に変えるのがATの特徴です。

では、AMTはどのような仕組みなのでしょうか。
実はこのAMTも二種類に分かれます。

一つが、シングルクラッチ式(AMT)、もう一つがデュアルクラッチ式(DCT)。
半自動変速機全体をAMTと呼び、その中にDCTがあるイメージです。

何故そうなるのかというと、基本的な仕組みが同じだから。
簡潔に言うと、基本的な仕組みはMTであり、クラッチ操作を機械的に自動で行うのがAMTの特徴。

そのクラッチが一つか二つかの違いでAMTとDCTに分かれるのです。


引用元:ベストカーweb

近年ヨーロッパ車を中心に普及してきたDCTは、上図のように奇数段と偶数段にギヤを分け、それぞれにクラッチを配する(デュアルクラッチ)ことで、変速時の空白時間を限りなく短縮し、トルコンATの滑らかさとMTのダイレクト感の両立を図っています。

このDCT、メーカーによって「DSG」、「PDK」、「EDC」、「TCT」、「パワーシフト」など名称が様々です。

オートマの進化とこれから

1990年代まで日本車のATは3速や4速が主流でした。
しかし、現在ではヨーロッパ車が牽引役となり多段化が急速に進んでいます。

例えば、イギリスのレンジローバー イヴォークが2014年に9速を、2017年にはレクサスLC500が10速ATをそれぞれ世界初として搭載しています。

この多段化には、一つのギヤが受け持つ速度範囲を狭くしエンジン回転を上げないことで、静粛性や燃費の向上を図るという狙いがあります。

また、従来のATが苦手とした速い変速も、多段化やDCTの登場により、今では0.2秒程度で完了でき、MTをはるかに凌ぐ性能を誇るようになりました。

このように発展、進化し続けているATですが、EVやFCVなどモーター駆動のクルマの普及とともに、その在り方も変わってきそうです。


というのも、モーター駆動車には変速機はありません。

近い将来、ギヤもシフトレバーもない、よりシンプルなマン・マシンインターフェースが生み出されるのかもしれません。

誰もが簡単・安全に運転できるクルマが誕生することを願いつつ、心のどこかで ”やっぱりクルマはシフトチェンジしながら走るのが楽しいんだよなぁ😌“と密かに想うkojackでした。

"こういうブログ興味あるなぁ"、という方は是非「読者」登録をお願いします。
よろしくお願いします。