kojack-ferrariのクルマ道

~クルマをこよなく愛する人へ~

≪お試しレビュー≫ Kyocera(旧RYOBI)ブロワー BL-3500 

f:id:kojack-ferrari:20220315085612j:plain

商品概要

京セラ インダストリアルツールズ株式会社より発売されている「ブロワー BL-3500」は、埃や水滴を吹き飛ばしたり、ゴミを吸塵できる1台2役の便利ツールです。
f:id:kojack-ferrari:20220415102253j:plain
◎特徴
風量3.5㎥/分の強力なパワーで埃や水滴を一撃で吹き飛ばします。

ハンドル形状がループ状になっているので、持ち替えや角度調整が楽に行えます。

ダストパックを取り付けると、掃除機としても使えます。

本体重量:1.7kg
電源:電源コード式

付属品:ノズル(220mm)、ダストパック、取扱説明書

使ってみたら…

本来は、建設現場などで木くずや埃などを吹き飛ばす用途で使用されるブロワーですが、ウチでは洗車後の水滴を吹き飛ばすことを目的に購入しました。

ブロワーを導入した理由は2つ。

一つは、拭き上げる必要がないので塗装面が傷つかず、作業負担が軽減されること。
もう一つは、隠れた部分の水滴も除去することで錆の予防

使い方は簡単です。f:id:kojack-ferrari:20220415103710j:plain
電源コードをコンセントに接続して、本体のスイッチを入れるだけ。

スイッチオンすると、ビックリするほど強力な風が吹き出してきます💨

洗車後、濡れたボディについた水滴を飛ばしていくのですが、いくつかポイントがあります。

上手なブロワーの使い方

①事前にボディーコーティングを施工する:撥水加工していないとなかなか水滴が吹き飛ばされない

②原則、ノズルは下向きにあてる:風量がすごいので、ちょっとでも角度が狂うとあちこちに水滴が飛び散り手間がかかる

③ドア下面やトランク周りは事前に水滴を拭き上げる:内装との境界面は事前に拭き上げておかないと水滴がシートなどにかかって濡れる

と、まぁ事前作業もそれなりにありますが、使えばこのツールの便利さ、性能の良さがわかります。

①のボディコーティングは専門店で施工してもらうのがベストですが、自分でも簡易コーティング剤で施工可能です👇これは必須作業。
水滴がコロコロしていないと、いつまで経っても表面の水膜が乾きません。

それから、ブロワーをかける順は、ドアミラー⇒ルーフ⇒ウィンドウ周り⇒ボンネット⇒サイド面というように、水滴が落ちる方向を考えながら作業しないと非効率。

本体重量が1.7kgと決して軽くないので、長時間作業すると翌日筋肉痛になります😵

また、作動音が結構大きいので、早朝、夜間の使用は避けた方が無難です。

f:id:kojack-ferrari:20220415110023j:plain
もちろん、洗車だけでなく、サッシや玄関周り、またエアコンフィルター清掃などにも使えて便利です。

ノズルを側面の吸気口に付け替え、吹出口にダストパックを取り付ければ掃除機にもなります。

車内や玄関周りの吸塵に役立ちますね。

評価

【😄なポイント】
 ・強力な風量で埃や水滴を一発で吹き飛ばす
 ・吸塵もできて1台2役
 ・手頃な価格で導入しやすい

【😞なポイント】
 ・洗車に使用するには事前作業が必要
 ・結構重いので長時間作業には向かない
 ・作動音が大きめで住宅地では配慮が必要

"こういうブログ興味あるなぁ"、という方は是非「読者」登録をお願いします。
よろしくお願いします。